読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残しておきたい雑談がある

リニューアルしたなぽりんブログ。(日常報告よりちょっとまとまったネタ)

刀剣乱舞攻略ネタをまとめよみ→こちら
しんけん!!攻略ネタをまとめよみ→こちら

←←この行は広告です

名古屋ハイカーオフのレポート

リア充レポート

本日のレポート~なぽ編~

・リアルタイム実況はhttp://h.hatena.ne.jp/keyword/%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AF%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A2011%40%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B にて行われていました。

<ゼロ次会>ネットでのぞき見
家で見ていましたが、なんで山登る前からパステルでイートインしているのかさっぱりわからない牛乳先生とスイーツラバーことまなみんさん。その前には鬼まんじゅうも食べたとか、本当に謎すぎた。なんでこの人達痩せてるんですか!不公平ですよ神様!どーん
<一次会>喫茶マウンテン
ヨーコとニアのショッパーバッグが目印

牛乳先生の分身ともいうべきハテナバッヂまみれの牛乳ポーチ(中身は秘密)
・前夜から名古屋ではめずらしい冷え込み、降雪で誰も外にでないようで、予定していた以上にどこも空いていました。
登山口集合予定のぷらみんさんとべにからすさん、待つものと予定して早めに来てくださったのがフライング気味になってしまう不幸。待つのはとても寒かったはず!おまたせしてしまい、本当にすみません~。
・おかげさまですっと入れました。名札全員装着。ゆるゆるとメニューを選びにかかるけれど、なにしろメニューがとんでもなく多い店なので、迷いに迷う。既存メニューの中では「甘口」と「ドリンク」と「かき氷」、それと手がき掲示メニューに地雷が多いのはわかっているけれど、ほかにもちょこちょことハードルが上がっているメニューがあるので、推理小説ばりに読み込みだしたら止まらない。でも、相互助け合いの精神。とりあえず「甘口」メニューを頼む人~と手をあげてもらったらなんと決定済みの4人全員甘口メニューでしたので、残り私たち2人が塩っぱいメニューで登頂を狙う(イザとなったら塩っぱいものなら助けてもらえるという企て)
・牛乳先生「甘口いちごクリームスパ」+「ココナッツミルク」。かわわさん「甘口小倉抹茶スパ」。べにからすさん「鍋焼きしるこスパ」。ぷらみんさんは「スパイシー」。ナポは「アボカドグラタン」にしようとしたらアボカドが切れているといわれて急遽「バジル雑炊」。まなみんさん「甘口バナナスパ」+「コーヒーフロート」。
・揃うまでしばしタイムライン追跡などで遊ぶ。基本ハイクがあれば暇が潰れる人たち。狭い机の上にいくつものデジタルガジェットが載って壮観。
ブクブクしている
・料理がちゃくちゃくと揃い始める。どれも熱々で供される。鍋焼きしるこスパとバジル雑炊にいたっては、ぐっつぐつに沸き立っている・・・あと上から撮影するとわからないのだが、この土鍋ひらべったくない。1合だき炊飯器の内釜みたいだよ・・・。もちろん定番の甘口スパも熱々。いちごやバナナが煮えてしまった。
・しばし撮影ののち6人全員挑む。途中で熱くなった私が脱ぎだすなどありましたが無事全員登頂!いろいろな紆余曲折はありました。漢とかいて男だ!とか。しかし前菜を食べてきたスイーツ好きの牛乳さんが(´д`)になってしまう。「いちごが・・・温かいんだ・・・」最後、いちご一粒ずつにそれぞれ3分くらいずつかけていらっしゃった。そして凹むと鈴ちゃん絵をがしがし書きだすことがわかった。鈴ちゃんかわいいよ鈴ちゃん! とかつっこみししているとナポが最後に
・甘口スパは赤緑黄勢ぞろいして3本ずつくらい頂いたけれど、たしかにすごかった。

◯いちごスパとバナナスパは、かき氷シロップ的な味がします。特に、いちごスパは刻んだ野菜?おろしたにんにく?でんぶ?のようなものが赤くそまって全面的に麺にからみついているのですが、それをみて牛乳先生が呆然と「これなんだろ・・・」ってつぶやいていたのが忘れられません。とにかくデザートというには熱くて量が多いのでした。
◯かわわさんの抹茶スパは意外とあんこの塩気が助けになるという話。あんこの塩気・・・だと!(普通あんこを塩っぱい系のものとしてはとらえないことからみて、スパ部分がどれだけ甘いかが理解できますよね)
◯ぷらみんさんのスパイシーは口に入れた瞬間はソース味のようなパンチがあっておいしいのだが、10秒後にハラペーニョが猛攻撃してくる怪作
◯しるこスパは、一番最後にぐっつぐつでもってこられた麺ととろけるモチ(3個くらいは入っていた)を勢い良く食べるべにからすさんすごいとおもっていたら、最後に呆然と「これ、汁も・・のみほすんですか」とおっしゃってられました。でもちゃんといけた。ハイカーの甘み力ぱねえです。
◯バジル雑炊は汁がうすいピンクでぷかぷかと赤い生野菜(スイカかとおもったらちゃんとトマトでした)が浮いていてどうなるかとおもった。またバジルが黒いシソみたいになっててどうなるかとおもったけど、ものすごくおいしかった。けど全体的な量とにんにくの量(1/2かけらのがころころと入っている)がぱない。ビリッけつ登頂すみません。
◯びくたんに頼まれた件は「ココナッツミルク」でなんか微妙に達成されていて上乗せできなかったのでとりあえず心して厳しく接しておきました(いちごを早く食べろとせっつくなど)
・隣テーブルのお客さんがあんこ丼に挑戦してらっしゃいました。
・完食するたびに起こる拍手、空容器撮影会
・勢いを借りて飲み物も追加オーダー。赤炭酸はさすがべにからすさんの「グロセージャ」、緑はぷらみんさんの「青コーラ」、黄色はまなみんさんの「名古屋コーラ」。ネーミングの理由と味つけはわからない。あと名古屋なので、コーラだろうが何だろうが必ずクラッカーとマドレーヌがついてくる。口の中が辛くなっていたぷらみんさんがいさぎよく食されていたのが印象的でした。
・とにかく盛りが垂直方向に高さがあるのと駄菓子屋の匂いが・・。満腹。
こっそりべにからすさんと牛乳先生で萌えていた

・大喜利しようぜ!ということでその時間帯に一番書き込んでいた第六天魔王様にネタになっていただく 
牛乳先生だけは正解をご存知だが、かなり大違いだった模様
写真撮影が遅いとかスターが見られないとつまらないのでスマホ欲しくなる ※ナポのガラケーは骨董品で実は牛乳さんとおなじくらいに速攻で電池切れしかけてた
なぜか最後にウィンナ・コーヒーを頼む。ちゃんと美味しかった!足写真は定番!
精算してぷらみんさん、べにからすさんの早着組がそれぞれ離脱。お疲れ様でした―!楽しかった! ぷらみんさんのメニューは本当にスパイシーでかなり険しかったとおもうのに・・!みなさん漢とかいて男でしたね!
  
<1.5次会>矢場町BLカラアゲ
・BLカラアゲ屋さんに辿り着く前に名古屋ではありえない寒さと雪でびっくり。(北海道ハイカーにしたらこんなの雪というほどでもないといわれそうだが)そんななか無事ウィルヘルムさんと合流!好立地のカラアゲやさんに。
・腐女子一人と男子多数でBLカラーゲやさん・・・だと・・・。これはハイカー内BLカップル(脳内妄想です)を堂々と観察できるフラグwktk
・400円のカラーゲだけ頼むと立ち食いになる様子だが、追加でこたつ席もあり、そしてなんと本日まで限定セットフェアをやってた。1000円出してセットを頼んだら屋台的なカウンターの奥に用意されたお部屋の中でくつろぎ放題+からーげ+ドリンク。お店が空いていてゆっくりできそうなこともあって(実際店員さんが「ゆっくりしーてーいってーね」とつぶやいていたと思う)、全員異議なしでフェアを選ぶ。カウンター前の壁の説明をみながら一人ずつカラーゲトッピング(攻)、飲み物の種類、タピオカの有無を選んでから、お部屋になだれ込む。ところで、自分たちはこの3時間ずっと食べたり飲んだりし続けているはずなんですが・・・。寒い日に少しあるいたからって「お腹こなれたねー」という欺瞞がまかり通ってしまう不思議。それにもまして不思議なのはあれだけ甘いものに苦労したのに「甘いのが食べたい!」と練乳×カラアゲを選ぶ某牛乳さん。他は、味噌、ち◯◯、マヨネーズ、ミートソースをそれぞれ選択。
・それにしても店員さんが全員ネタになりそうないい感じの男性だらけ。コスプレウェイター3名(背中に「スタッフ」の札がついている)、カラアゲだしてくれるしぶいカウンターのおじさま1名、奥の部屋でネットサーフィンしながらBL鑑賞指南してくださる貴腐人(男子。ジャンル的にはサスナル推し)1名
・ピンクのハアトのテーブルクロスの上に用意された各種ゲームと、罰ゲーム札を見て、撮影しながら待つうちにカラーゲ到着!!
見づらいですがまさに練乳がカラアゲを汚しまくっています ひどいりょうじょくシーン

 店員さんの練乳×カラアゲの口上がものすごく詳しくて楽しい。いわば、ディズ◯ーランドのカヌーのお兄さんみたい(あれほど長くはありませんが)。タピオカドリンクの撮影会 黒執事さんによる練乳×カラーゲの食べ方指南がす・て・き。BLは触感という官能を万全に使用する知的ゲームですね。
・ネコミミ執事スタッフさんや日本(菊)コスのスタッフさんにウノの詳しいルールを尋ねながら罰ゲームをかけて3回戦
・一回戦目最下位のナポは「思い切りいい笑顔」、二回戦目最下位のかわわさんは「ダジャレ5個」、三回戦目最下位の牛乳せんせいは「好きまたはきらいな芸能人ハイカーを2人あげて理由も説明する」を引き当てる。
・コスプレのお客さんがきて隣のテーブルで椅子積みゲームを始める→まなみんさんのホンキに火がつく→お着替えルームに牛乳先生と2人で(ここ重要。非常に重要)→よばれて仕方なく(笑)ナポも入る。腐女子ならではの暴言ひどす。イイヨイイヨーじゃあもう一枚着てみようか!メイクもしちゃおうね!おっかわいいソックス!
(ちなみに、このカラアゲ店にはコスプレお着替えスペースが用意してあるだけではなく、メイク落とし常備。また、「ドアの外は3次元、ここは二次元!」をモットーに、コスプレのまま外にはでないでくださいね、別階のトイレだけはokですよ、というショップポリシーです。しっかりしています)
・時間切れ!帰りにパルコで爆発した。アクセサリーショップの文字入れに列ができてるのを初めて目撃した。

みなさんは二次会へ。
 
ハイカーさんがみなさん優しくて本当に楽しかったです。はしゃいでしまいました。でもこういうチャンスがあればまたやってしまうと思うので謝らない。
というか、少し静かだなーとおもうとネットにばんばん爆弾おとしているハイカーさん本当に素敵すぎますw
このようなすばらしいハイカー名古屋オフが今後とも続きますよう祈っております。
すばらしい忘年会のチャンスをいただきまして、ありがとうございました!
最後にカラアゲやさんですてきな菊(日本)のコスをしていらした方の名刺を頂いたのでミクシurl載せちゃうよ!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10491150
名古屋のオタク系くつろぎスペースにBLカラアゲもぜひぜひ。